スポンサード・リンク

2013年02月19日

住宅ローンと確定申告

サラリーマンの場合には、確定申告は無縁だと思われている方もたくさんいることでしょう。






しかし、サラリーマンでも新築住宅を建てたりして住宅ローンを利用した時には確定申告を申請することにより税金が還付されるのでぜひ利用しましょう。







住宅ローンの控除を受けるには、マイホームを取得・入居した翌年に確定申告をして還付を受けることができます。








住宅ローン控除は、初年度だけ確定申告を行い、2年目以降は会社の年末調整の際に、「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」などを他の控除に関する書類と合わせて勤務先に提出することになります。









住宅ローン控除を受けるための「確定申告時」に必要な書類


・住民票の写し

・借入金の年末残高証明書

・家屋の登記事項証明書

・工事請負契約書の写し

・売買契約書の写し

・確定申告書

・住宅借入金等特別控除額の計算明細書

・源泉徴収票




以上の書類を揃えて提出すれば、税金の還付を受けることができます。







確定申告書の記入でわからないところは、税務署などで教えてもらえます。







せっかくのチャンスなのでぜひ利用しましょう。




posted by yoshi at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローン 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

年金受給者の確定申告

年金受給者で収入が400万円以下の方は、平成23年度から「確定申告不要制度」が導入されたので確定申告はしなくても良くなりました。






ただし所得税の還付を受ける場合には確定申告書の提出が必要です。







住宅ローン減税や高額医療費控除を受けるときには、確定申告書を提出して還付を受けることになります。








公的年金だけで生活している人にとっては、確定申告が必要なくなるので楽になりますね。








400万円以上公的年金を受給していれば別ですがごく一部の方だけでしょう。








国民年金だけなら、400万円なんてとても追いつきません。









面倒な作業がなくなってよかったです。









posted by yoshi at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

e-taxで確定申告

確定申告書の提出は、税務署に持参するか郵送するか、あるいは国税庁のホームページからe-taxを利用して提出する方法があります。






忙しくて税務署にいけない方には非常に便利な方法です。







初心者でも、数字を記入していけば確定申告書が出来上がり、送信すれば完了です。







e-Taxの利用に当たっては、あらかじめ開始届出書を提出し、利用者 識別番号などを取得しておかないといけません。(オンラインで取得出来ます。)









毎年のことなので、e-taxを利用したほうが便利ですね。









税理士を利用するのが楽ですが、確定申告だけでも結構な費用がかかります。








利益が少ないうちは、自分で確定申告をして経費削減を心がけましょう。


posted by yoshi at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | e-tax 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。